カズオ・イシグロ氏ノーベル文学賞、各紙読み比べ

f:id:CharlieInTheFog:20171006131642j:plain
2017年10月6日付の各紙朝刊

2017年のノーベル文学賞受賞者はカズオ・イシグロ氏でした。英国人作家ではあるものの日本生まれで日系2世ということもあり、発表翌日である2017年10月6日付の各紙朝刊は軒並み1面トップで扱いました。しかしよくよく見ると、イシグロ氏をどこの国の人として紹介するかという点において、各紙のスタンスの差異が微妙に現れる結果となりました。

今回比較するのは朝日(大阪発行14版)、毎日(同13版)、読売(同13S版)、産経(同14版)、日経(同14版=社会面は★14版)、神戸(14版)です。いずれも神戸市内で確認しました。

「日本出身」「日系」「長崎出身」

イシグロ氏は長崎県出身で両親が日本人。5歳の時に父の転勤に伴いイギリスに移り住み、1983年に英国籍を取得しています。これを踏まえて1面の見出しを並べてみましょう(日経のみ準トップ<紙面中央>、それ以外はトップ)。

1面記事見出し

記事本文からも抜き出してみましょう。

1面記事本文の「カズオ・イシグロ

読売と日経が「日本生まれ」と国単位で記述、毎日と産経は「日系」と書いた一方で、朝日はリード文の中に「日本」や「日系」が登場しないどころか、日本人の両親の下に生まれたという内容すらありません。

読売と産経は日本名の「石黒一雄」も併記。他の新聞はリード文からは外し、毎日は記事中に一度も登場しません。

神戸は共同通信の配信記事を使っていますが、リード文に「日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞となる」と書きました。産経もリード文に「日本出身の作家としては川端康成大江健三郎氏に次ぎ3人目」。同様の記述は他紙には関連記事を含めありませんでした。

文科省は「日本人」にカウントせず

文部科学省カズオ・イシグロ氏を「日本人」にはカウントしていません。「文部科学統計要覧」(平成30年版)の「国別・分野別のノーベル賞の受賞者数(1901~2017年)」ではカズオ・イシグロ氏について「日本出生ではあるが、日本人受賞者には計上しない」としています。

英国籍だから当たり前じゃないかと思いたいところですが、米国籍を取得した南部陽一郎さん(2008年物理学賞)、中村修二さん(2014年同賞)は日本人受賞に計上しています。

「日本人」以外の計上基準は「ノーベル財団が発表している受賞時の国籍(二重国籍者は出生国)でカウントし、それらが不明な場合等は、受賞時の主な活動拠点国」としています。これらの基準をそのまま「日本人」にも当てはめるのであれば、南部さん、中村さん、イシグロさんいずれも日本人ではなくなるので、二重基準と言えるでしょう。

読売は座談会も掲載

ところで6日付朝刊に戻ると、紙面展開は読売が群を抜きました。文化面に識者座談会を掲載しています。識者コメントだけなら各紙も掲載していますが、座談会とは用意周到です。登場したのはスラブ文学者・沼野充義、イシグロ作品に解説を寄せている作家・小野正嗣、日本文学研究者・坂井セシルの3氏。沼野は「英語で流通する世界文学の最前線の作家」と評しています。

1面コラムで取り上げたのは日経「春秋」のみ。多様なルーツが混ざり合う文化交流を通して、排外主義はびこる世界での「寛容」の大切さを訴える内容となりました。