きょうも生きています #60

 岐阜県八百津町美濃市の間で、杉原千畝の出身地を巡る論争が起きているらしい。

mainichi.jp

 学術界での論争ならまあよくあるけれど、住民を巻き込んだ運動となると話がややこしくなる。というか面倒だなと思う。ましてこの論争を扱ったCBCテレビの番組について、BPO放送倫理・番組向上機構)に申し立てがなされ、審理入りしたとあっては、ますます部外者は「何だかなあ」という思いが強まるばかりだ。

 両者協力して町おこしにでもつなげたらいいのに、と思わないでもない。でも何かしらしこりがあるのだろう。郷土のアイデンティティーに関わることなのだとしたら、あまり軽々しく言えない気もする。そういう個々人の「どうでもよくない!」という声を聴くことも、たしかにメディアの役割の一つとは言える。

 BPOの審議は先月、委員会決定(第262回放送と人権等権利に関する委員会 | BPO | 放送倫理・番組向上機構 |)に至り、内容は今月上旬発表予定。

 (2018.11.1)

────────────

 (2018.11.10追記)

 #60で取り上げた、CBCテレビ杉原千畝出生地論争報道に関するBPO審議は、7日に結果が公表され、放送倫理上の問題なしと結論付けられた。

digital.asahi.com