また夢ンなるといけねえ

成績不振の大学生が書く、日記とかメディアの話とか。幾度となく開設しては閉鎖してを続けてきた我がブログ遍歴。今度は末永く続くように。

袴田さん呼称、産経・日経が「さん」→「元被告」

 昨日投稿した「袴田さんの呼称、各社が維持」でもお伝えしたとおり、袴田さんの再審請求を東京高裁が棄却したニュースを伝えた11日付夕刊では、袴田さんの呼称を変更しないままの社ばかりでしたが、けさ12日付朝刊になって産経新聞日経新聞が「さん」から「元被告」に変更しました。

 産経新聞は呼称変更のお断りを1面本記末尾に掲載、「東京高裁は袴田事件の再審開始を認めない決定をしましたので、袴田巌さんとしてきた呼称を『元被告』とします」としました。

 日経新聞はお断りは出していませんが、12日付朝刊のほぼ全ての記事で「元被告」としており、前日付夕刊の「さん」から変わっています。ただし12日付朝刊のうち、袴田さん本人の反応について取り上げた記事のみは、見出し、本文、写真説明ともに「さん」になっており、記事の性格によって使い分けている可能性があります。

 一方共同通信朝日新聞は、逆に「さん」を維持するお断りを出しています。

 共同は「東京高裁は袴田巌さんの再審開始を認めない決定をしましたが、呼称は変更しません。弁護側が最高裁に特別抗告するため決定は確定せず、袴田さんが再収監されていないためです」とし、私が確認した京都、神戸、大阪日日の各紙は全て掲載していました。

 朝日のお断りは「朝日新聞は、静岡地裁の再審開始を認める決定を受け『袴田巌死刑囚』という表記を『袴田巌さん』に改めました。東京高裁は再審請求を認めない決定をしましたが、地裁が認めた死刑と拘置の執行停止は維持され、弁護側が最高裁に特別抗告を予定していることなどから、引き続き『袴田巌さん』と表記します」と、これまでの経緯を含めた詳細な説明になっています。

 毎日新聞は本文初出「元被告」2度目以降「さん」、読売新聞は全て「元被告」とする表記をそれぞれ変えていません。

 なお「袴田事件」という表現を見出しや記事中で使っていたのは、毎日、読売、産経、日経の4紙でした。

 (いずれも最終版。全国紙は大阪本社発行)