また夢ンなるといけねえ

成績不振の大学生が書く、日記とかメディアの話とか。幾度となく開設しては閉鎖してを続けてきた我がブログ遍歴。今度は末永く続くように。

袴田さんの呼称、各社が維持

 【注(2018.6.12 18:49)】12日付朝刊で一部の新聞が呼称を変更しましたので、続報記事を投稿しましたのでご覧ください。
charlieinthefog.hatenadiary.com


f:id:CharlieInTheFog:20180611182839j:plain
11日付朝日新聞夕刊(大阪本社発行最終版)

 【加筆修正(2018.6.11 22:43)】「各社の基準は」の項目名を「地裁決定時に呼称変更」と改めた上で、同項目の内容を加筆しました。
 1966年の静岡一家4人殺害事件で死刑が確定した袴田巌さんの再審請求を認めた静岡地裁決定について東京高裁が11日、検察側の即時抗告を認めて再審請求を認めない決定をしました。一方で2014年の地裁決定で釈放されていた袴田さんの刑と拘置の執行停止は維持しました。

 このニュースを報じる各社は、袴田さんの呼称を高裁決定の前後で変更していない模様です。

朝日新聞

  • 11日午前電子版記事 見出し「さん」▽本文「さん」
  • 11日付夕刊 見出し「さん」▽本文「さん」

毎日新聞

  • 10日付朝刊 見出し「さん」▽本文「元被告」▽2度目以降「さん」
  • 11日付夕刊 本文初出「元被告」▽2度目以降「さん」▽写真説明「元被告」

読売新聞

  • 10日付朝刊 本文「元被告」
  • 11日付夕刊 本文「元被告」▽写真説明「元被告」

産経新聞

  • 9日午後産経ニュース*1 本文「さん」▽写真説明「さん」
  • 11日付夕刊 本文「さん」▽写真説明「さん」

日経新聞

  • 8日付朝刊 見出し「さん」▽本文「さん」
  • 11日付夕刊 見出し「さん」▽本文「さん」

共同通信

  • 9日午後47NEWS*2 見出し「さん」▽本文「さん」▽写真説明「さん」
  • 11日午後47NEWS*3 見出し「さん」▽本文「さん」▽写真説明「さん」

時事通信

NHK

  • 11日おはよう日本 見出し「さん」▽本文「さん」
  • 11日ニュースシブ5時 本文「さん」

JNN

  • 11日昼ニュース 本文「さん」
  • 11日Nスタ 見出し「さん」▽本文「さん」

NNN

  • 11日ストレイトニュース 本文「さん」
  • 11日日テレNEWS24*6 本文「さん」 

ANN

  • 11日昼ニュース 見出し「さん」▽本文「さん」
  • 11日NewsAccess*7 見出し「さん」▽本文「さん」

FNN

  • 11日プライムニュースデイズ 本文「元被告」
  • 11日プライムニュースイブニング 本文「元被告」

 また高裁決定を伝える記事・ニュースで「袴田事件」を見出しや本文で使っているのは毎日、読売、産経、時事、NHKJNN、NNN、ANN、FNNでした。

 (紙面に関する記述は大阪本社発行最終版)

地裁決定時に呼称変更

 袴田さんの呼称は、静岡地裁決定のタイミングで各社が変更していました。

 朝日新聞は地裁決定当日の2014年3月27日付夕刊で、1面本記の見出しと本文初出で「死刑囚」とし、本文2度目以降は「元被告」とする対応。翌28日付朝刊でおことわりを出し「これまで『袴田巌死刑囚』と表記してきましたが、刑の執行停止や釈放などを受け、今後は『袴田巌さん』と改めます」としていました*8

 日経新聞も27日付夕刊で、それまでの「袴田巌死刑囚」を「袴田巌元被告」に表記変更。さらに翌28日付朝刊で「『袴田巌元被告』と表記していましたが、釈放に伴い『袴田巌さん』と改めます」とお断りを出しています。

 毎日新聞読売新聞もおとこわりは出していませんが、同じタイミングで「死刑囚」を使わない表記に変えています。

 共同通信の基準集「記者ハンドブック」第13版(最新版、2016年)では「人名、年齢の書き方」の「事件、事故報道の呼称」という項目には次のように書かれています。

 6 再審開始の決定が出た場合は「元被告」を原則とする。決定と同時に刑や勾留の執行が停止されて釈放されたケースでは「さん」の敬称を付けることもある。
 7 再審公判中は「被告」を原則とする。釈放されたケースでは敬称を付けることもある。

 この「6」の2文目や「7」の2文目は、2010年発行の第12版にはなかったルールです。2014年の袴田さん釈放を受けて追加された可能性があります。