インタビュー考(1)1往復で終わらない

 7月に母校に呼ばれてインタビューの実践について講演をすることになった。もっと適任はいると思うのだけど、卒業生で薄給でこき使える楽な人手ということなのだろう。僕も気分転換になるので応じた。

 講演に先立って資料を作らねばならないのだが、断片的なことはいろいろ思いつくがなかなかまとめられない。そこで、とりあえず断片的な思いつきをメモにしていき、あとで体系立てて行くことにしようと思う。

事前準備の項目はあくまで端緒

 当然ながらインタビューの前には事前に質問項目を用意するのだが、初心者は例えばAという質問をしてそれに対する回答が返ってきても「ありがとうございます、では次の質問ですが」と言ってしまうことがある。先輩記者として同伴して行くと、マジかとのけぞりたくなる。

 それならメールで質問を送れば済む話だ。なぜ対面でインタビューするかと言えば、やはりその場で会話のシャトルを行き交わせることで多くの情報を取り入れることができるからだ。事前項目はあくまで会話の端緒であって、そこから何か掘り下げていくような質問をその場で返さなければならない。

鍵は5W1H

 とは言っても相手からの返答にその場で考えて質問を返すというのは難しいと思う。いろんなパターンはあるのだが、初心者でも一番やりやすいのは「5W1H」の意識だと思う。言うまでもなくWho、When、Where、What、Why、Howの六つだが、相手からの返答の中で曖昧な要素をこの5W1Hの中から探し出せば、自ずと追加質問につなげられる。

 例えば「なぜ数学が好きになったのですか」との質問に「昔、仲の良かった先生が数学の先生で、数学に関する雑学を話してくれたり、本を貸してくれたりしたのがきっかけでした」と答えが返ってきたとする。「昔」とは具体的にいつのことなのか(小学校時代なのか中学校時代なのか、など)、「仲の良かった先生」とはなぜ仲が良かったのか(部活の顧問だった、とか)、数学に関する雑学とは具体的に何か、印象に残っている話は何か、本はどんな本だったのか、などである。

事実を回顧することで思い出す感情がある

 追加質問に窮する初心者がよくやってしまうのが「その時どう思ったのですか」のような質問だ。思いを聞くこと自体は悪くない。ただ人の記憶というのは結構あいまいで、丹念に事実関係を振り返ってもらう中で「そういえばあの時こんな感情があった」とか「言われてみればこんなこともあった」と、忘れていた感情や情報を掘り起こせることもある。理想は当時の状況を絵に起こせるくらいまで聞くということ。そうして情報を整理した上で、当時の思い・考えを聞かれたほうが答えるほうも答えやすくなる。やや口幅ったい物言いにはなるが、インタビューというのは一方的にこちらが情報を聞き出すというものではなく、インタビュイーと一緒に事実を追究する営みだと思う。インタビュイーはただの機械ではないのだから。