2017衆院選「併用制」「連用制」シミュレーション(2)

 2017年衆院選の得票結果を基に、小選挙区比例代表「並立制」ではなく「併用制」や「連用制」ならどんな結果になったのか、シミュレーションしてみる企画。今回は連用制のシミュレーション結果をレポートします。

第1回はこちらです。
charlieinthefog.hatenadiary.com

連用制シミュレーション

 それでは小選挙区比例代表連用制を採用した場合のシミュレーション結果をご紹介します。シミュレーションのルールや連用制の説明は前回の記事を御覧ください。

 まず並立制と同じ各ブロックの比例代表分の定数を、ドント式で計算し議席を配分します。並立制との違いは、並立制が各党の得票を自然数(1、2、3、……)で割っていった商を比較するのに対し、連用制は小選挙区での獲得議席+1から割り始めていった商を比較するという点でした。

 そこでシミュレーションでは各党の各ブロックでの小選挙区獲得議席+1から割っていくことにします。例えば東北ブロックであれば、ドント式で割り振る議席数は比例代表分の13。で除数は、自民党なら東北の小選挙区で18議席獲得しているので、19からスタート。希望の党なら1議席獲得なので2から。立憲民主党小選挙区議席を確保できなかったので、1からスタートとなります。

 以下がそのシミュレーション結果です。

ブロック 定数
北海道 8 0 2 2 1 2 0 0 - 1 0 -
東北 13 0 4 4 3 2 0 0 0 - 0 -
北関東 19 0 6 6 4 2 1 0 - - 0 -
南関東 22 0 7 6 5 3 1 0 - - 0 -
東京 17 0 5 5 3 3 1 0 0 - 0 0
北陸信越 11 0 4 3 2 1 1 0 - - 0 -
東海 21 0 7 4 5 3 2 0 - - 0 -
近畿 28 0 9 4 2 5 8 0 - - 0 -
中国 11 0 4 2 3 1 1 0 - - 0 -
四国 6 0 2 1 2 1 0 0 - - 0 -
九州 20 0 6 6 6 1 1 0 - - 0 -
比例計 176 0 56 43 36 24 16 0 0 1 0 0

 これを小選挙区議席数と足し合わせると次のようになります。

項目 合計
選挙区 215 17 18 8 1 3 1 - - 0 - 26 289
比例 0 56 43 36 24 16 0 0 1 0 0 - 176
合計 215 73 61 44 25 19 1 0 1 0 0 26 465
百分率 46.2 15.7 13.1 9.5 5.4 4.1 0.2 0.0 0.2 0.0 0.0 5.6 -

まとめ

 3制度の各党の獲得議席割合を百分率で一覧にすると次のようになります。「得票率」は全国の比例代表選で各党が獲得した得票数を、全国の比例代表選全体の有効投票の百分率で表したものです。「得票率」はブロックによって名簿を出していない政党があることを留意してください。

百分率
並立制 60.2 11.8 10.8 6.2 2.6 2.4 0.4 0.0 0.0 0.0 0.0 5.6
併用制 39.7 17.2 15.3 11.1 6.3 4.6 0.6 0.0 0.4 0.0 0.0 4.8
連用制 46.2 15.7 13.1 9.5 5.4 4.1 0.2 0.0 0.2 0.0 0.0 5.6
得票率 33.3 19.9 17.4 12.5 7.9 6.1 1.7 0.2 0.4 0.5 0.2 -

 小選挙区比例代表の二つの制度を組み合わせて使うということは、2大政党制志向(=大政党優遇)と多党制志向(=中小政党確保)の間を取ることなので、どの制度を使っても得票率とは若干の差が出ます。ただ並立制は、自民党は得票率の2倍近い議席率を獲得した一方で、野党第一党立憲民主党は得票率のほぼ半分の議席率しか得られていません。これはかなりの乖離といって良いのではないかと思います。

 今回の検証だけで何かを語るということはできないと思いますが、あえて私見を述べるとすれば、以下のような感じです。

 確かに小選挙区比例代表並立制がなければ民主党政権は生まれなかったのかもしれません。しかしよく考えると、もともと中選挙区制時代から「1.5大政党制」と揶揄されるほど自民党有利な政治基盤は変わってきませんでした。そしてそもそも2大政党制を導入するメリットは、政権が頻繁に交代する可能性を作ることによる2党間の適度な緊張関係、だったはずなのですが、実際には起きていません。日本人はそもそも自民党的保守に寄った国民性ということなのでしょう。

 1強時代と言われながらも得票率ベースでは自公合わせて半分にしか達していない状況を見ると、野党結集がなかなかできない手落ちを指摘するのも良いのですが、そもそもの自民的保守親和性をバックアップする制度として機能することのほうが、頻繁な政権交代という理想よりも実現されていると言って良いのではないかと思います。

 そもそもこのシミュレーションをしようと思ったのは、千葉商科大特別客員准教授、田中信一郎氏のツイートを見たからでした。

健全な政党政治に必要なことは、国会が落ち着いたら改めてツイートしますが、一点だけ。「世論を比例的に収容すること」です。つまり、30%の世論は30%の議席、20%の世論は20%の議席というように。国会を民意の縮図にし、議員間で熟議し、合意形成・採決するのです。

 今回の検証は、素人の浅知恵でやっているため、学術的な厳密性は担保できていないところもあるかと思います。ご指摘は歓迎いたします。

 ただ少なくとも2017年衆院選の結果については、あまりにも小選挙区比例代表並立制は「世論を比例的に収容すること」に関しては欠陥が度を超えたレベルで大きい制度だと言わざるをえないと思います。これを修正するのは国会にしかできないわけで……。悩ましい状況が続きます。