きょうも生きています #5

 ▽国会は森友文書書き換え疑惑に関連して、財務省が過去に国会議員に開示したものと同じ内容の文書を出してきたため野党が反発。参院予算委が空転し委員長はいわゆる「空回し」を選択した。

 ▽その間、NHK国会中継は環境映像の挿入で対応。まさかのNice Boat.にタイムラインが沸き立つ。ちなみにこの時のBGMと同じ音楽がラジオでも流れていたようで、ラジオセンターから藤井彩子アナウンサーが「国会中継は質疑が始まり次第お伝えします」とのアナウンスを重畳させた。

 ▽問題を巡っては朝日報道とは別の決済文書でも「本件の特殊性」などの表現が使われていたと毎日夕刊が報道。NHKニュース7で追っ掛けた。マスコミと政権の意地のぶつかり合い。近代国家の文書主義そのものを揺るがす疑惑だけに、両者背水の陣で臨む。

 (2018.3.8)