また夢ンなるといけねえ

しがない男子大学生。新聞サークルの記者をしている。堺、六甲、西中島南方が生活の拠点。

カズオ・イシグロ氏ノーベル文学賞、各紙読み比べ

f:id:CharlieInTheFog:20171006131642j:plain

2017年10月6日付の各紙朝刊

 今年のノーベル文学賞カズオ・イシグロ氏に授与される。日本時間の5日夜に飛び込んだ速報で、号外を出した新聞社もあった。今回は6日付の各紙朝刊を読み比べる。今回は通学先の大学図書館で閲覧できた朝日(大阪発行14版)、毎日(同13版)、読売(同13S版)、産経(同14版)、日経(同★14版)、神戸(14版)です。

1面トップ見出し
▽朝日
カズオ・イシグロ文学賞 ノーベル賞、長崎出身・英作家 「日の名残り」「わたしを離さないで」

▽毎日
カズオ・イシグロさん文学賞 ノーベル賞日の名残り」 日系英国人、「不確かな世界」描写

▽読売
カズオ・イシグロ文学賞 ノーベル賞 長崎出身、英作家「日の名残り

▽産経
カズオ・イシグロノーベル賞 文学賞 日本出身の英作家 「日の名残り」「わたしを離さないで」

▽日経(準トップ、紙面中央)
カズオ・イシグロノーベル賞 文学賞、日本出身の英国人

▽神戸
カズオ・イシグロノーベル賞 文学賞、長崎出身の英作家 「偉大な感性持つ小説」

 2015年にノーベル物理学賞を受賞した故南部陽一郎氏は1970年に米国籍へ帰化したが、たいていの報道では日本人のノーベル賞受賞者数を書くとき「南部さんを含め日本人○人」などと言うことが多い。「日本人」という概念はほんとうに「都合がいい」ものなんだなと思う。

 今回のイシグロ氏は長崎県生まれで、5歳の時に父の転勤に伴いイギリスに移り住み83年に英国籍を取得しているが、各紙はどう扱ったか。1面本記から抜き出してみる。

 朝日「長崎出身の英国の小説家、カズオ・イシグロさん」
 毎日「長崎県出身の日系英国人で作家のカズオ・イシグロさん」
 読売「日本生まれで英国籍の作家、カズオ・イシグロ(石黒一雄)さん」
 産経「長崎市生まれでロンドン在住の日系英国人作家、カズオ・イシグロ(石黒一雄)氏」
 日経「日本生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏」
 神戸「長崎市生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏」(共同電)

 まず読売と日経が「日本生まれ」と国単位で記述した。毎日・産経も「日系」と書いている。一方朝日はリード中に「日本」「日系」が登場しないどころか、日本人の両親の下に生まれたという内容すらない。
 日本名をリードに盛り込んだのが読売と産経。他はリードからは外したが、毎日は記事中に一度も登場しない。
 神戸の共同電はリードに「日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞となる」と書いた。産経もリードに「日本出身の作家としては川端康成大江健三郎氏に次ぎ3人目」。同様の記述は他紙には関連記事含めなかった。

 紙面展開で群を抜いたのは読売。なんと文化面に識者座談会を載せた。識者コメントは各紙載せているが、座談会をこのスピードで掲載するのはすごい。登場するのはスラブ文学者・沼野充義、イシグロ作品に解説を寄せている作家・小野正嗣、日本文学研究者・坂井セシルの3氏だ。沼野は「英語で流通する世界文学の最前線の作家」と評している。

 1面コラムで取り上げたのは日経「春秋」のみだった。多様なルーツが混ざり合う文化交流を通して、排外主義はびこる世界での「寛容」の大切さを訴える内容となった。

追記情報

2017.10.6 13:18 大学内の別の図書館で産経新聞を閲覧できたので、産経の内容を追加し、文章を一部再構成しました。