また夢ンなるといけねえ

しがない男子大学生。新聞サークルの記者をしている。堺、六甲、西中島南方が生活の拠点。

後輩が突如消えた

 最近、サークルの主力部員になりつつあった後輩の女子部員が突如、音信不通になった。部内のLINEグループから退会しているのに気付き、誤操作かと思って個人チャットを開こうと思ったらアカウントが消えていた。

 我がサークルは9大学の新聞部の連合体という形を取っているが、大学の垣根を越えた活動も多い(下手すればこちらの方が多い)。後輩とは大学も違うし特別仲が良かったわけではなかったが、僕が校閲を担当していることもあり紙面製作で仕事を共にすることは多かった。

 部員が突然サークルから姿を消すのは少なからずショックだ。プライベートで悩み事があるみたいな噂は聞こえては来ていたが、僕がわざわざそのバックアップをするような関係にあったわけでもなく、20歳前後の悩み多かりし青春期だし今回もそんなもんだろうと高を括っていた部分はある。まさかこんな別れに発展するとは思っていなかった。

 僕はこれまで一度所属した部やサークルから中途退部したことがない。退部しようと真剣に考えたことはいくらでもあるが、結局引退の時期まで在籍して仕事もこなす。今いる新聞部だって、辞めたいと思うことなんて日常茶飯事だ。

 だけど辞めない理由は多分、部員がみんな良いやつだからだと思う。これは僕の幸運で、これまで所属した部・サークルでは人間関係にはかなり恵まれた。大喧嘩したり長期間にわたり距離を置いたりする人間もいたが、でもその相手も基本は良いやつだと分かっていた。振り上げた拳の下ろし方が分からなくて、まごついたというのが本当のところで、基本は良いやつに囲まれて活動できた。人間関係に(良い意味で)ほだされた。

 彼女がサークル活動を苦にしていたようには僕には見えなかったが、それは本人にしか分からない。ただもし彼女がプライベートを理由に、心のキャパオーバーを起こして閉じこもろうとしたのだったら、その例外としてサークルの人間を頼りにすることができなかった、僕らが頼りにされなかったという淋しさが残る。

 サークルにも友達は居たはずだが、そこまでの友達じゃなかったのだろうか。僕も苦しみを他人と共有するのが苦手だから、友達を頼れない気持ちは分かる。だけどそこで勇気を持って、他人を頼ることがすべての解決の端緒になる。そして僕らは彼女にとって、端緒になれなかった。

 僕らは復帰を心待ちにしている。突然消えたことをうらんだりはしない。する理由がない。ただ残念だ。