また夢ンなるといけねえ

しがない男子大学生。新聞サークルの記者をしている。堺、六甲、西中島南方が生活の拠点。

報ステのキャスターに求められる資質を考えてみる

 テレビ朝日報道ステーション」のキャスターを務める古舘伊知郎さんが24日、来年3月で番組を降板すると発表しました。氏の手腕には賛否両論ありましたが、局の顔として、ニュースキャスターの代表格として大きな存在感を持っていたことに間違いはなく、新聞各紙や他局のワイドショーがこぞってとりあげました。

 12年間番組を率いてきたキャスターが降板するとなれば、後任が誰になるのか気になるところです。そこで今回は、「ニュースステーション」から「報道ステーション」に至るまで、番組の中でキャスターがどのような役割を果たしてきたかを考察しつつ、次のキャスターにふさわしい人が誰かを考えてみたいと思います。

 各ポストの役割は 

 会見のなかで古舘さんは、番組自体は来春以降も継続する旨を明言しています。Nステから報ステに移った際、出演者は変わったものの、番組のフォーマットが大きく変わらなかったことを鑑みて、今回の考察の前提として、番組の雰囲気は来春以降もそんなに変わらないこととします。

 両番組においてメインキャスターは揺るぎない番組の軸としての存在です。もちろん久米宏古舘伊知郎両氏とも就任当初は、それまでのバラエティのイメージとの齟齬から、画面上の違和感はあったと思います。しかし数年経てば番組に欠かせない大きな存在となっています。

 そしてサブキャスター。Nステで言えば小宮悦子さん、渡辺真理さん。現在の報ステで言えば小川彩佳アナウンサーです。サブはメインキャスターと並んで番組の顔の役割を果たしますが、報ステとNステでは若干性格に違いがあります。

 Nステでのサブは、高い原稿読みの能力を持ち、番組に品位を持たせる存在です。久米さんがTBSラジオ『伊集院光日曜日の秘密基地』に出演した際に語っていることですが、サブに求めたこととして「無表情で原稿を読むこと」だったそうです。といっても、本当に人間が無表情で読もうとすると自然と顔が険しく見えてしまいます。ここでの「無表情」とは、主観的な読み方をしない、ということです。久米さんのニュースを軽妙に捌く様は、番組に親しみやすさを持たせる一方で、ややもすれば軽い番組に変容してしまいかねません。せめてニュース原稿自体への信頼性を高めるためには、無機質な原稿読みを実現できるサブが必要になります。

 これに対して報ステのサブは、メインの古舘さんと共に番組を進めていく役割です。このため、VTR明けに古舘さんに話を振られてコメントをすることもあります。とはいっても、コメンテーターとの会話を進めていくのは古舘さんの仕事。あくまで主導権は古舘さんにあります。

 コメンテーターは番組を引き締める存在。ニュースを読み解く存在として朝日新聞編集委員などが務めてきました。現在の報ステでは憲法学者の木村草太や、政治学者の中島岳志も加入し、オピニオンにこれまで以上の価値を持たせようとしています。

 このほか、スポーツ担当のアナウンサーや、スポーツ解説キャスター、天気予報担当、現場を駆け回るリポーター陣などがいます。またNステではスタジオにさらにもう一人女性のアシスタントキャスターがいましたね。

 キャスターの体制は変わるのか 

 以上がNステ、報ステのキャスターポストの現状をおさらいしたところで、キャスターの役割は来春以降変わるのでしょうか。ここからは、これまでのキャスターポストのフォーマットを変えると、番組の雰囲気は変わってしまうのでしょうか。

 例えば、今のNEWS23のような、アンカーマンとキャスターの2人を軸とする体制はどうでしょうか。NEWS23の場合、出演陣の筆頭は岸井成格さんですが、実際に進行を務めるのは膳場貴子さんです。VTR明けの第一声は膳場さんが担い、膳場さんの問いかけに対し岸井さんが答える、というかたちをとります。かといって膳場さんも、番組を仕切る、というよりは用意された原稿・スケジュールのもと進行しているという色が強く出ています。そのため、番組の良いところも悪いところも背負って引き受けるような顔が誰かはっきりしません。

 これこそがNステ・報ステの番組の特徴です。番組のメインが誰なのか、視聴者皆が一度見ればわかるのが最大の特徴です。そのための演出がふんだんに織り込まれています。独りで自分の言葉で話す時間があったり、コメンテーターやサブはメインキャスターから問いかけられない限り会話に入りません。

 そのため、番組の雰囲気を大きく変えない、という前提に立つならば、メインキャスターが2人いる双頭体制や、事実上はコメンテーターの役割を務める「アンカーマン」と原稿読み中心の「キャスター」のコンビ体制を敷くことはできません。原稿読みを担当するのでもなく、コメンテーターをやるのでもない、メインキャスターが必要になります。久米さんが自らの立場を「司会者」と呼んでいたのも、こうした出演者の連関から納得がいきます。

 メインキャスターに求められるパーソナリティは 

 報ステのメインキャスターには、番組を背負って立ち、原稿読みでもコメンテーターでもないパーソナリティを持つ必要があることがわかりました。では、そのパーソナリティ、具体的にはどのようなものなのでしょうか。

 一般的にニュース番組のキャスターに求められるパーソナリティを挙げてみましょう。

 例えば知性。日々様々なニュースを扱う上では、博覧強記の人がもってこいです。あるいは、経験。長年にわたり現場を取材し続けてきたジャーナリストがキャスターを務めることも多いですね。

 しかしこれらの性質は、報ステのキャスターにとってはさほど重要視されません。というのも、知性や経験の要素を担保する役割を、コメンテーターが果たしているからです。特に最近はその傾向が強くなっているのは、前述の木村・中島両氏の起用の件で触れたとおりです。逆にコメンテーターがいない番組や1人で進行する番組、例えば「筑紫哲也NEWS23」の筑紫哲也さんや、ニュース番組ではありませんが「クローズアップ現代」の国谷裕子さんは経験がキャスターとしての価値を担保している好例です。

 そして品位は、報道番組の顔ですからある程度必要とは言え、サブが高い能力を持って冷静に原稿を読めるのであれば、これまた最重要というわけでもない……。

 ここで久米さんの言葉に立ち返って見ましょう。「自分は司会者である」という言葉です。この番組は、一般的な報道番組におけるキャスターの役割よりも、司会者としての役割が求められます。それぞれ秀でた能力を持つ専門職の出演者(コメンテーターやサブなど)をまとめ上げて視聴者に橋渡しする役目です。

 視聴者への橋渡し、という観点で考えると必要になってくるのは「親しみやすさ」「話術」「場を回す力」というところでしょうか。

 「話術」は言わずもがな。「場を回す力」とは、共演者の特徴を引き出して視聴者に伝える力のことです。ひな壇トーク型のバラエティ番組では、ある芸人さんの話を受けて司会者が反応し、笑いのツボどころを増幅するためのツッコミや解説を入れたり、別の芸人に話を振ったりしています。この能力は報道番組にも活かせます。VTRの勘所をふまえてコメンテーターに話を回し、その解説を受けてさらに問い返したり、視聴者に語りかけたりするのは、古舘さんがいつもやっていることです。 

 そして「親しみやすさ」や「場を回す力」を培うために必要に重要なことがあります。それは「報道番組だけでなく様々な番組の経験が有る」ということです。実際、久米さんはラジオ、バラエティ、音楽番組と経験を積んできました。古舘さんは独特のプロレス実況を通して、与えられた状況に対して絶妙な反応を示す能力は抜群に獲得してきました。フリーアナウンサーとなり、バラエティや音楽番組も経験しています。

 なお、局に所属しているアナウンサーは、組織人ということもあって「番組のあらゆるものを引き受ける」という点においてフリーキャスターよりも印象が劣ることを付記しておきます。

 まとめ 

 まとめると、もし今の報ステのカラーを維持していくのであれば、新しいキャスターに求められる要素は「親しみやすさ」「話術」「場を回す力」といった、話題と視聴者を橋渡しできる能力にたけていることであり、それらの能力を培うために必要になってくるのは「報道以外の分野でも活躍してきたこと」です。さらにフリーの人のほうが、腕っぷし一本で戦えるほどの実力を持っているという意味でも、番組のあらゆるものを引き受けるという意味でも印象が良いということでした。

 これらの要素を兼ね備える人は、多くはありません。あえて具体的な候補を挙げていくとすれば、福澤朗さんや羽鳥慎一さん、宮根誠司さんなどになるでしょうか。女性も候補に入れると、小島慶子さんや渡辺真理さんあたりでしょうか。渡辺真理さんはNステ出身ということもあり話題性十分という気もします。

 ただ小島さんや宮根さんは近年、個性を強く打ち出すようになっており、周りの良さを引き出していくという色は薄くなってきているように思うので、やや厳しいかもしれません。

 以上述べてきたことは、あくまでも報ステのカラーを維持するという前提の下での話です。番組を作っていくためには予算的な問題もあるでしょうし、必ずしも久米・古舘路線を継承していくことが番組のために良いことなのかどうかは、最終的には番組を見た視聴者の判断によるところです。

 ただ、スポーツ紙の報道では、報ステたたき上げの富川悠太アナウンサーや、長年テレビ朝日で報道に関わり続ける長野智子さんらの名前も浮上していますが、これらの人たちがキャスターに就任すれば、番組のテイストは変容せざるを得ないのは、確実でしょう。

 果たしてテレビ朝日はどんな手を出してくるのか。注目したいと思います。 

遠くなり行く「青春」の幻影が交錯したとき

学生記者をやっているものだから、関西圏のあちこちの大学に行く機会がある。先日、とある大学へ赴き、監督として映画を製作した学生の話を聴いた。その学生は僕の高校の同期だった。同期どころか、報道部で一緒に活動していた仲間だった。

上映会のあと、僕は「監督」に近寄る。所属と名前を挙げて話を聴こうとするがどうもぎこちない。「お前に取材されるの、こっちが恥ずかしいわ」「それは僕が一番わかってる」。こんな調子である。

映画では、様々な事情で家庭に居づらさを感じて家出した少女たちが、スリで金を稼ぎ共同生活する様を描いている。少女たちの、スリが成功したときのスリルと一抹の快感、根底に流れる寂寥感と不安定さ、そしてそれでも容赦なく流れる時間。ステレオタイプとは程遠い「青春」を表現した良い作品だと素直に感じた。

だからこそ、取材はどこかこっ恥ずかしい。だって「監督」の高校時代を僕は知っているんだもの。「監督」は僕の高校時代を知っているんだもの。お互い、素直に生きられずもがき苦しみ、はっきりいって「単純に仲がいい」とは言えない「青春」の時間を垣間見てしまったのだから。

僕は報道部の活動によって明確になったジャーナリストへの夢が、報道部の活動によって挫折しヤケになった。「監督」は自身の抱える苦悩を理解してくれる「居場所」を探していた。僕だってある程度理解はしていたが、報道部が「監督」にとっての「居場所」になれていたかといえば自信はない。

一見華やかな活動の裏で葛藤を続けていた。そんな2人がフィールドは異なれど表現に携わっているのは因縁なのだろうか。

取材の後、「監督」は僕を飲みの席に誘ってくれた。楽しい話が続いた。さすがに他の映画スタッフの方もいたから高校時代の思い出話はほどほどに控えていた。今度飲むときは、もう少し自分たちの変化を語り合ってみたい。 

泥酔した男の実直さを眺めた話

先日、サークルの旅行で山陰を訪ねた。松江の旅館を拠点に、鳥取・米子・松江・出雲の名所を一通り回る旅だった。しかし、サークルの旅行なんてものはどこに行って何をするかが問題ではない。夜、どんな話をするかこそが学生風情の醍醐味である。

旅館の1階にある畳敷きの宴会場にサークルのメンバー30人ほどが集う。テーブルには酒とソフトドリンクが置かれている。 押し入れから座布団を取り出して雑多に並べ、それぞれが座る。僕は当時、ぎりぎり誕生日前で未成年だったから、ただの炭酸水で参加した。

インカレサークルだから他大学の人間も多い。というより、僕と同じ大学の人間はスケジュールの都合でみな来ていない。で、他大学の同期に、普段は堅い口調で生真面目に仕事をこなす男がいる。そいつがべろんべろんに酔ってるもんだから、周りも面白がっていた。

生真面目らしいというか酔うと己の正義感が現れ始め、政治の話を熱く語り始めた。最近の安倍政権はけしからんとか、民主党の体たらくがどうこうとか、宴会場に居る人間のほとんどが知らないような中国や韓国の政府高官の名前を挙げて東アジア情勢について講釈を述べている。

酔った男が目を垂らせながら己の信条をとうとうと語る姿は可笑しい。僕は彼に「民主党のどんなところが気に食わないの」「じゃあ中国はどういう方向に進むと思うの」と質問攻めにして煽り立てると、彼の陽気にさらなる拍車がかかっていく。さすがに酔っているもんだから論理破綻はしているし、彼自身でも話の展開がわからなくなっている。彼の考え方とは合わないところも多いんだが、それよりも酔った彼のだらしなさ、馬鹿馬鹿しさのほうが面白いからずっと付き合ってやる。幸い僕も政治の話は、ある程度知識もある。普段はやらないけど。

ある程度政治を語りつくした彼は、つかの間のブレイクを経て、また熱く語り出した。といっても今度は政治の話ではない。サークルのある先輩への尊敬の念について話し始めた。「丁寧に、真面目に仕事をこなすでしょう? 取材にしても原稿書くにしても丁寧だよ。ほんとにすごい人だと思う」。後輩の立場で先輩の仕事を云々言うのは失礼に当たりそうなもんだが、まあ酔ってるしいいだろう。確かに、僕も先輩に対しては、仕事ぶり、出で立ちなど、心惹かれるものはあるし、先輩を尊敬している同期は少なくないと思う。

すると別の先輩が面白がって、その先輩を呼び寄せた。べろんべろんに酔っている彼は先輩に向き合い、身を前に乗り出しながら己の思いを語り出す。俯き加減の先輩の顔からは恥じらいや困惑が混じった何とも言えない感情が読み取れる。「いや……そんな尊敬されるようなことはしてないけどなあ」と、いつもの口調で先輩は呟いていた。

酒の力を借りているとはいえ、純粋な男が尊敬している相手に、その尊敬の思いを真っ直ぐに語る姿、その言葉から逃げることも出来ず恥じらいながら聴いている先輩の姿。見ていて心揺さぶられるものがあった。

旅行の数週間前、僕はサークルの新人研修で彼に「取材」している。サークルの業務である取材の練習として、新人同士で互いのことを取材し合う試みである。そのとき彼から受けた印象は、純粋で真面目だということだ。記者志望のには、サークルではあまり見せていないが、どうやらふざけ心が多分にあるらしい。だけど僕のひねくれ精神に由来するような毒のあるふざけ心ではなさそうだ。僕のようなひねくれ者は、彼のような真っ直ぐで愛すべき人間を見ると心の傷がうずいてしまう。

僕だってかつてはジャーナリズムを志し、記者として現場を駆け回る将来を夢見ていた。高校の時に挫折し、予備校時代にそれを受け容れ、将来の夢を白紙にした今でも、不安や寂寥感からは解放されない。だから今でもこうやって報道サークルに入っているのかもしれない。

サークルの性質上、マスコミ関係を志望する仲間の思いを聴くことがあるが、そのたびに僕は夢の前にくずおれた過去を思い出し感傷的になる。そして新たな夢を切り拓くことも出来ずにいる。おそらくこれからも、素直に求め、打ち込めるような夢は持てないだろう。

そんな淋しさを回想しながら、相変わらず呑んだくれて千鳥足どころじゃなくなって諸先輩から窘められている彼を見ていた。彼が素直に夢を見続け、実現できるような状況が続いてほしいと心底思った。

読書録 2015年7月

7月の読書録です。


日韓双方の言説分析から始まり、日韓間の歴史認識問題がいかように発生し発展してきたかを具に冷静に分析しています。世代交代によって日韓のエリートによる調整がたちいかなくなり、時代は世論の直接衝突へと移っていくという流れ。世論が直接衝突する以上は、世論に互いの重要性を認識させないと関係改善は図れないという指摘は賛成。


マスコミ出身の石橋湛山が「電気メディア」を積極的に活用したのは当然と言えば当然か。三角大福の派閥抗争甚だしいときにメディアが利用されていたのは意外。

このほか読んだ本は以下の通りです。

街角はいつでも人いきれ

26日のTOKYO FM山下達郎 JXグループ サンデーソングブック」は「SONGS」特集だった。「ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY」を発端にSugar Babe前史から「SONGS」のA面を網羅する濃い内容だ。

この特集のなかで山下達郎は『DOWN TOWN』が元々、ザ・キングトーンズに提供されるはずの曲だったと話していた。企画自体はボツになったが、ならば自分達で出そうということになったのだという。本人も言っていたが、そんな経緯の曲が、Sugar Babe山下達郎を代表する曲になるのだから世の中不思議なものである。

当時の彼らにとってのダウンタウンは池袋や新宿だったのだろうし、その都市の姿も40年を経て様変わりしたのだろうと思う。だから、『DOWN TOWN』にはやはりどこか時代的なものを感じる。おそらくこの時代的な雰囲気は大瀧詠一のレコーディングアレンジメントと、決して上手いとは言えない粗削りな演奏が生み出しているのだろうなあ。

とはいえ、時代的なものを感じさせるわりには、古くないのだ。現代のダウンタウンにこの曲を引っ提げて繰り出そうとは思わないが、しかしこの曲自体は色褪せない。この摩訶不思議は驚くべきものだ。

当然、当時のダウンタウンにだって様々な矛盾は漂っていただろうし、懐古趣味で「あの時代は良かった」なんてとても僕らには言えない。けれど、このダウンタウンという曲を生み出したことだけでも、あの時代の存在意義はあった、と言いたい。

と同時に、彼らの東京の街への愛着も計り知れない。きょう、ワーナーミュージック山下達郎サイト( http://wmg.jp/tatsuro/sp/interview.html )に大貫妙子山下達郎両氏のスペシャル対談が掲載された。その中にこんな内容がある。

大貫)山下君とは音楽以外でも、いつもいろいろ話していたし、文章も上手い人だったから。歌詞が書けないわけないと思っていたし、実際、書いてくる歌詞は好きでしたから。たとえばありふれた言葉でも、東京という街で生まれた空気というのが伝わってくる。そういうアイデンティティが大事なんですよ。「夏の終わりに」の「つるべ落としの秋の始まり~」なんて、当時は、なかなか思いつかないですよ(笑)


そして彼らの歌が、東京のお洒落さと歪さを発信し、東京という街に輪郭を与えた文化装置になってきたのは間違いない。

ここまで書いてきたが、やっぱりSONGSにしろ、山下達郎にしろ、語り尽くすことなんてできないし、語っているうちにどっちらけになるのが関の山。黙って音楽そのものを楽しむのが一番か。

読書録 2015年6月

遅まきながら、6月の読書録。
なお、今回から、特に面白かった本のみについて感想を書くこととします。

読んだ本の一覧は読書メーターをご覧ください。

来たる社会学の試験に備えて、課題図書を多く読んだ月でした。


ギデンズの『近代とはいかなる時代か?』では社会の際限ない拡大と、再帰性というキーワードで近代を開設しています。前近代では、伝統的社会秩序に基づく局所的なつながりしかなかったものが、技術革新によって時間・空間ともに際限なくつながりが拡大していく。その主たる例が貨幣制度や専門家のシステムであるわけですが。そんな状況において、「信頼」というものは、自分が不案内な分野においても原理であったり専門家の発言であったりを信用するという形で現れます。そして再帰性についていえば、ある対象に関する情報がその対象自体を変えてしまうという面白さ。社会学がはらむ性格を見事に言い得ています。かなり面白い。

今回は以上です。

いまの高校生は優秀なんだなあ

先日、高校で授業をやってきました。といっても、教育実習ではありませぬ。ボランティアで特別授業をやってきたんです。今回はその様子について書ける範囲で。

雨の中、母校で何の授業をしたかと言うと、ずばり、「取材の仕方」 。報道部時代、一応、各地に取材で飛び回っていた経験もありますし、いま現在も取材サークルに入って学生記者をやっている身の上なので、それなりに自分の中での取材のやり方みたいなものは見えつつあります。

しかし、なぜそれを高校生に授業で教えるのだろうか。ということなんですが、最近の高校はいろんなことをやってるようで、社会に関心をもつ生徒のための講座が開講されています。その一環で、生徒にフィールドワークをさせることになったようで、そのためには取材の仕方を学ばせる必要がある、ということから僕に白羽の矢が立ったのです。

パワーポイントとレジュメを用意して、教壇に立っていろいろレクチャーをやります。アポイントの取り方だったり、質問の掘り下げ方だったり、情報の整理の仕方だったり。基本的なことをやっていきます。

しかし最近の高校生というのは優秀です。一種の無茶振りで生徒を2名指名して、即興インタビューをさせました。すると簡単にこなしてしまいます。もちろん、途中、質問が思いつかなくて止まる場面もありましたが、しかし、それでも、僕がレクチャーした内容を実践できているのです。なんでそんなすぐに出来てしまうんだ! こちとら3年くらいかけて編み出した方法だというのに。ぐぬぬ

優秀なんですが、しかし、ひねくれた感じが生徒からしないのは、やはり僕の性格から来る無駄な淋しさなんでしょうなあ。みんなは真っ当にがんばってくれ~。

きょうはこんなところで。