きょうも生きています #71

f:id:CharlieInTheFog:20181214025227j:image

 堀江の辺りを歩いていたら「大阪府鮓商生衛組合」の看板。生産─産生、物事─事物のように、字をひっくり返しても似たような意味のままになる熟語があるので、もしや衛生もそうなのかと思ったが、どうやら違った。
f:id:CharlieInTheFog:20181214025718j:image

 生活衛生の略で生衛でしたとさ。

 (2018.12.13)

きょうも生きています #70

 先日、新聞部時代の先輩、同期との飲み会で、いつものようにしているある種の話題が出た。これまでその話題は割と僕がまくし立てることが多かったが、今回は「もうその話をする立場ではなくなってしまった」と断った。

 僕の高校以降は、なにか自分が大切にしている価値観が変容するにつれて、語りを失っていく過程だったと思う。

 ことしの神戸ルミナリエが始まった日のNHKニュースの原稿で、「復興を成し遂げた」という過去形言い切りの表現があった。

 すごく無神経に思えた。阪神・淡路大震災が浮き彫りにした課題はまだ解決されていないものも多い。借り上げ復興住宅の追い出し問題や、コミュニティー維持の在り方はその代表例だが、未だこうしたことに力を尽くしている人がたくさんいる。だから「成し遂げた」は言い過ぎな気がする。というか「復興を成し遂げた」は、大きな物語に一人一人のそれぞれの24年を回収してしまう、暴力的な表現だと思う。

 そうした価値観は僕が学生記者をやって得たものだ。とても大事だし、今後も持ち続けるだろう。

 そして、ゆえに「復興を成し遂げた」とは言えなくなった。代わりの表現を探すのは難しい。「目に見える街並みは復興した」などとルミナリエ原稿で言ってしまえば、それは単なるルミナリエに対する嫌味でしかない。おそらく「復興へと尽力した」とかならギリギリセーフか。少なくとも現在の神戸を一言で言う言葉などない。

 価値観を得る代わりに、語りは複雑になり、容易に使えなくなる。そんなことだらけだ。

 間違いないのは、語れなくなった表現は、今あえて語りたいものではない。「自主規制」とはそういうものであるべきはずだ。

 飲み会で話すようなプライベートな話題の場合、それを「自主規制」し語りたくなくなる過程を理解し、あるいは傾聴する。そういうことを互いにできる関係は、僕にとって友達の中でも一歩踏み込んだ間柄と言えるかもしれない。

 (2018.12.10)

きょうも生きています #69

 もう二度と会うことなどないのだろうな、というやつも、何となくフェイスブックの「友達」は解消せずにいるみたいなことは間々あると思う。

 そんなミッシングパーソンの近況がニュースフィードに出てきた。ちょっと心がざわ付くけれど、結局は「二度と会わないんだろう」という見通しが勝つ。

 この前の「ジェーン・スー生活は踊る」で、長らくの親友と価値観が合わなくなってきた女性の相談が紹介されていた。スーや堀井美香アナウンサーは、友達としての賞味期限を迎えたのだという解釈を取っていた。僕もそう思う。

 人生の選択があり、曲がり角があり、岐路がある。その結果が善かれ悪しかれ、どこまでも他人を伴走させられるなんてことは、家族になるならまだしも、滅多にないだろう。

 ミッシング・パーソンは僕が今よりもさらに青臭かった時代に親しくしていた人である。その人も僕も、変わったのだろうし、あるいは変わらなすぎたのだ。

 
f:id:CharlieInTheFog:20181202014344j:image

 

 そんなことを考えながら淀屋橋を歩いていたら、イルミネーションを撮影する人だかり。誰も撮るのに必死で見ちゃいなかった。

 (2018.12.1)

きょうも生きています #68

 きょう読んだ記事で面白かったのはこれ。NHK-FMで「今日は一日“竹内まりや”三昧」が放送された関係でツイッターのタイムラインに流れてきた。
 reminder.top

 「さるアイドル・シンガー」が制作陣も含めた概念であるという話は、「駅」のwikipediaで達郎本人がラジオで同趣旨の発言をしたとの記述があるが、ソースを書いていないので真偽不明。でも先の記事を読むと、本人がそう言っているかどうかは別として説得力のある解釈だなと思う。

───

 【CharlieInTheFogを更新しました】
 当ブログで昨秋に出した記事を再構成し加筆したものです。
 charlieinthefog.com

きょうも生きています #67

 万博決定日であることを全く忘れて惰眠を貪り、午前2時ごろに起きるとスマートフォンに速報通知の嵐が。どうせ落ちるのだろうと思っていたから驚いた。深夜の決定だから朝刊は間に合わない版もあるだろうと思い、アルバイトへ向かう道中に新聞収集を決行。案外スポーツ紙も大きく扱っていた。調査レポートは以下リンクから。

charlieinthefog.com

きょうも生きています #66

 f:id:CharlieInTheFog:20181122221818j:plain
 ▽今年も光に包まれるのにふさわしい寒さがやってきた。淀屋橋

 ▽シティポップ芸人のポセイドン石川さんがメジャーデビューへ。時事通信が上げている動画内の「リンゴ追分」が秀逸。
 

 ▽ゴーン氏逮捕を受けて個人サイト「CharlieInTheFog」に記事を書きました。ぜひ。
 charlieinthefog.com

 (2018.11.22)

きょうも生きています #65

 普段入らない大阪駅御堂筋北口の書店は、入口に書籍宣伝やキャンペーン告知をするための液晶モニターがある。

 いわゆるビジネスマンがちょっと立ち寄るための書店で、自己啓発やらインチキ政治書、インチキ歴史書の類が売り場を圧迫しているので僕は好きじゃない。それでも、紀伊国屋丸善ジュンクに行くほどの乗り換え時間がないときに、新刊確認程度に入ることがある。

 で、その液晶モニターには百田尚樹「日本国紀」が大映しになっていた。中へ入ると、大量に平積みされた山が二つほど。

 あまり本をうず高く積むのは下品に見えて好きじゃないが、この本ならまあそれでもいいかと思う。

 (2018.11.15)